案件番号 T06-182
発明の名称 微粒子製造方法およびその方法により製造された微粒子
発明者 東北大学 阿尻 雅文 教授(多元物質研究所)
発明の説明  超臨界水中等の高温・高圧水中と接触させることで、急速に昇温・熱処理することにより、複合酸化物系の場合の昇温中の単一酸化物の析出を抑制し、通常よりも低温において目的組成の複合酸化物微粒子を合成することを可能とする。また、粒子の結晶成長を抑制しつつ、核あるいは成長の初期段階の粒子を熱処理することで、高結晶性の微粒子合成を可能とする。
図面等

問い合わせは、こちらからお願いします。