案件番号 T08-037
発明の名称 磁気記録方法
発明者 東北大学 岡本 聡 准教授(多元物質研究所)
発明の説明 高速かつランダムアクセスが可能な大容量情報記録装置として、ハードディスクドライブ(HDD)は様々な分野で広く用いられている。現在のHDDの記録媒体は、垂直磁気記録方式を用いているが、記録密度の限界に近づいている。これに対し、マイクロ波をアシストすると記録密度を拡大し超高密度の磁気記録が可能となることが原理的に知られているが、マイクロ波極性の反転やマイクロ波振幅の大きさなどが問題であった。本発明はこれらの問題を解決し、超高密度の磁気記録を実現するものである。
図面等

問い合わせは、こちらからお願いします。