案件番号 T13-092
発明の名称 油からのビタミンE類の選択的な連続回収方法
発明者 工学研究科(北川 尚美、米本 年邦、廣森 浩祐)
発明の説明 トコトリエノール(T3)やトコフェロール(T1)などのビタミンE類は、様々な生理活性を持つ健康機能物質として注目されており、パーム油や米ぬか油を高温で繰り返し蒸留することで分離回収される。一方、発明者らは、陽イオン交換樹脂と陰イオン交換樹脂を利用したバイオディーゼル製造技術を応用し、従来法よりも効率的に米ぬか油からT3やT1を分離回収する技術を開発した。本発明は、当該技術の分離回収条件(エタノール濃度や酢酸濃度)を最適化したものであり、T3やT1の回収率や純度を高めることに成功した。

問い合わせは、こちらからお願いします。